第57回全展

 

大高 孝雄

「寄せる荒波」

 「荒波と岩場の格闘を描く」がテーマ。「風が吹くと自然に足が海岸へと向いている」というくらい荒れる海を愛し、現場スケッチを欠かさない。色面の明暗が鮮明なのも現場の空気そのものであろう。生気漲る佳作だ。(篠原)