第69回現展

 

 

荒井 喜好

「草土の昼食
(Mを含むXの明暗)」

 

 赤と黒の鮮明な配色の空間に、二人の人物が存分にデフォルメされ、平面分割され、青、白、ピンクに黄が賦彩されている。曲線が交叉し合う食の風景は、人間造形の面白さを徹底させた。(中野)